Entry

Culture
私たちの取り組み

大切なのは働きやすさ

私たち横浜市福祉サービス協会では職員が心身ともにいきいきと、やりがいをもって仕事ができるようにワークライフバランスに配慮した職場環境を目指しています。
1日の勤務時間は7時間30分、公休日は年間120日以上、有給休暇は入職と同時に付与されます。(4月1日入職の場合、15日)希望休も取りやすく、1時間単位で取れる時間有休もあります。その他にも病気休暇をはじめとして、結婚、産前産後、服忌、通院などの休暇に加え、資格の取得や更新をサポートする休暇など、充実した休暇制度があります。

未経験でも安心!充実の職員教育

介護職員を育成するプリセプター制度 新人職員には1人の先輩職員が付き、一定期間マンツーマンで教育指導を丁寧にしますので未経験でも安心です。仕事の習熟度は職員一人ひとり違いますので、1人立ちまでの期間は個々の状況に合わせて調整しています。日誌を活用して振り返りを行い、意見交換をしながら、一人立ちして仕事ができるようサポートします。一人立ちの期間は個々の力量に合わせて1~3ヵ月ですが、振り返りは6ヵ月間行っています。焦らず自分のペースで頑張っていただけたらと思います。

共に学び、共に成長できる!

横浜市福祉サービス協会では法人内に「研修センター」があり、専門の職員が研修の企画・運営を行っています。そのため外部に研修を受けに行かなくても大丈夫なほど、様々な研修を法人内で実施しています。研修は階層別、課題別、職種別に企画されており、職種や経験に合わせて必要な知識や技術を学ぶことができます。

採用後には新採用職員研修があり、共通研修では法人の理解にはじまり福祉の制度や倫理観、社会人としての接遇・ビジネスマナーなどを学びます。その後、さらに職種別研修で自分の職種の仕事についてしっかり研修を受けてから現場に配属されます。
現場に配属後も、職員としての成長を見守るために定期的にフォローアップ研修を実施するなど、手厚いサポート体制をとっています。

研修体制

階層別

  • 新採用職員
  • フォローアップ
    (3カ月、6カ月、2年目)
  • 中堅職員
  • 管理職

課題別

  • 認知症
  • アサーティブコミュニケーション
  • 介護技術(ノーリフティングケアに基づく)
  • 人権
  • アンガーマネジメント

など

職種別

  • 介護職員
  • デイ生活相談員
  • サービス提供責任者
  • 介護支援専門員

など

資格の取得、応援します!

横浜市福祉サービス協会 研修センターでは、介護職員のステップアップを図るための研修を開講していますので法人内で研修を受講して資格を取得できます。

資格取得支援

介護職員初任者研修(キャッシュバック制度あり)

新卒採用の方はもちろん、パートで現在働いている方やこれから働きたいと考えている方もご受講いただけます!

介護福祉士実務者研修(キャッシュバック制度あり)

介護福祉士国家試験を受験予定の介護職員の方はご受講いただけます!

喀痰吸引等研修(第2号)(職員は業務扱いで受講)

痰の吸引や経管栄養等の医療行為を安全かつ適切に行える介護職員としてスキルアップできます!

その他

  • 福祉用具専門相談員の指定講習の受講料キャッシュバック
  • 介護支援専門員の更新研修や主任介護支援専門員(更新)

※研修の受講費用の助成制度

※介護支援専門員や包括主任介護支援専門員として勤務する職員に限る

開かれたキャリアアップの道

私たちの法人では、在籍年数など一定の要件を満たしていれば、誰でも昇任試験を受けることができます。
管理職の道筋は、事業所の運営や業務管理を担う「課長補佐」(ジェネラリスト)と法人全体の職種管理や現場の後進育成を担う「専任職」(スペシャリスト)がありますので、自分に合った道筋を選ぶこともできます。
入職したら、ぜひキャリアアップを目指してください。

目指せるキャリアアップ