Entry

New graduates
新卒採用

Story
03

介護職員

小林 郁也(2019年入職)

中学生の頃、ボランティアで障害のある方と接する機会があり福祉の仕事に興味を持ちました。高校を卒業後入職し、3年目になります。

~高校での就職担当教諭との出会い~

高校の就職担当教諭が元、横浜市福祉サービス協会の職員でした。そのため福祉の仕事について詳しく話を聞くことができ、実際に見学に行ってみることにしました。見学へ行った浦舟ホームはとても居心地が良く、職員と入居されている方々との距離も近く明るい雰囲気で「ここで働きたい!」と思いました。自分が楽しく働くイメージがわいたことも入職の決め手となりました。

日々の業務内容を教えてください

ストーリーのイメージ画像

特別養護老人ホームの介護職員として、早番・日勤・遅番・夜勤のローテーション勤務で働いています。特別養護老人ホームのためお客様はホームに住んでおり、24時間介護を行います。朝起きてから就寝時まで食事介助や排せつ介助など、就寝後もトイレに行かれる方もいらっしゃるので24時間介護をしています。夜はなかなか眠れないお客様もいらっしゃるのでお話を伺いながら一緒に過ごしています。

毎日の勤務の中では楽しいことも大変なことも同じくらいあります。それでも「人の役に立ちたい」と自分で選んだこの道を極めていけるよう努力していきたいと思っています。





業務で大切にしていることを教えてください

ストーリーのイメージ画像

毎日思っていることは、「事故なくお客様が安全に暮らせるように」ということです。そのためにお客様の様子を細かく注意して見るようにしています。夜間は多くのお客様を担当することになりますし、昼とは違う雰囲気になる方もいらっしゃいます。また不安な気持ちになられる方もいらっしゃるため、巡回時などお客様と接するときには特に注意を払っています。又、他職種との連携も大切だと考えており、情報共有を密にすることも意識して日々の業務にあたっています。





理想の先輩像を教えてください

ストーリーのイメージ画像

頼りやすい、困った時に聞きやすい先輩になりたいと思っています。高校を卒業したばかりで入職し、最初は社会に出ることの難しさを感じました。「働く」ことの大変さは想像以上でした。そんなときに優しい声をかけてくれたり、わからないことを丁寧に教えてくれた先輩を見習っていきたいと思っています。

今年も同じ職場に高校を卒業して入職した後輩がいます。その姿を見ると2年前の自分を思い出します。困った時に何でも聞いてもらえる先輩を目指して、これからも日々取り組んでいきたいです。